1. 不眠症の人必見!睡眠薬通販   >  
  2. 不眠症の種類と薬の種類

不眠症の種類と薬の種類

睡眠薬とひとことで言っても、さまざまな種類があることをご存知でしょうか。睡眠薬にいくつも種類があるのは、睡眠障害にも種類があるからなのです。あなたはどのタイプの睡眠障害にお困りですか?ご自分にあった睡眠薬の種類を確認しましょう。

睡眠薬は大きく分けて4種類あります。
・超短時間型
・短時間型
・中時間型
・長時間型

超短時間型の睡眠薬は即効性が最も高く、持続性は一番短い傾向にあります。服用後効果が出るまでの時間は1時間未満で、4~6時間程度効果が持続します。マイスリーが超短時間型に当てはまります。超短時間型の睡眠薬は、寝付きが悪い「入眠障害」の治療にあっています。

短時間型は服用後1〜3時間程度で効き始め、効果は6時間程度持続します。デパスやレンドルミンがこれに当てはまり、入眠障害と中途覚醒の治療によく使用されるタイプです。ちなみにデパスは抗不安作用もあり、パニック障害などの精神疾患の治療にも役立ちます。

中時間型は服用後1〜3時間してから効き始め、効果は24時間持続と長く続く傾向にあります。ネルボンやベンザリンが中時間型に分類され、朝予定よりも2時間以上早く起きてしまう早朝覚醒の治療に最適です。

長時間型は効き始めるのが3〜5時間後と即効性は最も低いのですが、効果はなんと24時間以上続きます。中時間同様に早朝覚醒の治療に用いられます。

このように、睡眠薬にはさまざまな種類が存在しており、それぞれ作用や効果が異なります。睡眠薬を選ぶ際には、まず自分の睡眠障害がどのタイプに当てはまるのか知ることが大切です。睡眠薬は海外医薬品専門の通販サイトで購入できます。種類がたくさんあるので、自分にあった薬が見つかるでしょう。